本文へスキップ

佐野市,歯医者,一般歯科,小児歯科,口腔外科,矯正歯科,予防歯科,審美歯科,ホワイトニング【山口歯科クリニック】

電話でのご予約・お問い合わせは
0283-23-9595

トップページ > 山口歯科通信online バックナンバー > vol.3

山口歯科通信 online vol.3【入れ歯のお手入れを見直そう】

毎日のお手入れが大切です

施設写真

「入れ歯のお手入れ」はどうしても手間がかかり、面倒に感じてしまう人も少なくないのではないでしょうか?
しかし、お口の健康、お体の健康を守るためにも、日々のお手入れはとても大切です。

すでにしっかりとお手入れをされている方も多いと思いますが、改めて「お手入れ」について見直してみましょう。


ブラッシングについて

施設写真

お食事後に、必ずお口から取り外して、入れ歯専用の歯ブラシを使って流水下で「入れ歯の表側と裏側の両方」を磨きます。

一般的な保険の入れ歯はプラスチックでできているので、「研磨剤が入っている歯磨き粉を使わず」に、「強く磨きすぎない」ように気を付けてください。
入れ歯に傷がついてしまうと汚れやステイン(着色)が溜まり易くなってしまいます。
部分入れ歯の場合、バネの部分は汚れが溜まりやすいので特に念入りに磨きましょう。
また、バネがかかっている歯の周りにも汚れが溜まりやすいので、必ず入れ歯を外した状態で、歯を丁寧に磨くようにしましょう。
汚れが残っていると、粘膜の炎症、虫歯、歯周病の原因になります。


就寝時の保管について 〜入れ歯を長持ちさせるために〜

施設写真

就寝時には、入れ歯の下の粘膜を休めるために、一般的には、入れ歯をはずして頂きます。(例外もあるので、歯科医院にてご相談ください。)
入れ歯をはずすときは、入れ歯が乾燥すると「割れやすく」なってしまうので、必ずコップやタッパーなどに水、ぬるま湯、義歯洗浄剤などを入れて、水中に保管するようにして下さい。
洗浄剤を使うのも効果的ですが、熱いお湯に入れると割れたり、耐久性が落ちて割れやすくなってしまうので、ぬるま湯を使うように気を付けてください。
また、洗浄剤をあまり頻繁に使うと耐久性に影響が出る場合もあるので、ご注意ください。